2016年2月号, はしもと日和, めぐり報コンテンツ

さいじき【2016.2月号】

 春、先取り!?
橋本の隠れた名所

IMG_0337
2010/2/28撮影

 

暖冬と言われているこの冬、まだまだ肌寒い日が続く日もあり、 暖かい春が待ち遠しく感じる人も多いのでは。 実は橋本に2 月中旬頃から一足早く春を感じられる場所があるのをご存知だろうか。

それは西橋本5 丁目にある橋本公園の周りの歩道に咲く河津桜。 元々相模原市の都市計画の一貫で、緑区合同庁舎とサンエール相模原の間に 造られた橋本公園。 河津桜は平成15 年( 2003 年)の寄付による植樹から始まり、 橋本の街並に彩りを与えている。

河津桜はオオシマザクラとヒカンザクラの自然交雑種とされる早咲きの桜。 その年の気候にもよるが1 月下旬~ 2 月の開花はソメイヨシノより約1 ヵ月早い。

桜関連のイベントもなく有名なスポットでもない隠れた名所、橋本公園の河津桜。 ソメイヨシノよりもやや濃い淡紅色の花は、自然の中に咲く風景だけでなく、 開発された橋本の風景の中に咲いていても絵になっているようだ。 それは写真をとる人や散歩がてらに花を愛でる人の姿からも見てとれる。

IMG_1733
2011/2/27撮影

満開のシーズンには花々を渡るヒヨドリやメジロなど 鳥たちの姿も見られるという橋本公園の河津桜。

子供を連れて、夫婦やカップルで、 公園で遊びながら、河津桜を楽しみながら春の訪れを、 先取りしてみてはいかがだろうか。

byまー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です