2017年6月号, はしもとNewComer

ニューカマー【2017.6月号】

「橋本に住んだのは、大学が多摩美だったので、たまたまでした」と、
さり気ないダジャレをはさみながらお話をしてくれたのは、あさみさん。
東橋本の飲食店でアルバイトをしながら彫刻にいそしむ4年生です。

絵を描く事が好きだったあさみさんですが、
高校生の頃に先輩が作る彫刻を見て
「立体の迫力に憧れました」と彫刻へのシフトチェンジを決めました。
出身の三重県に居た時は、近所に蛍が見える所もあったようで、
川のある橋本は落ち着くと話していますが、この時期になると、
橋本で蛍が見られない事に寂しさを感じているようです。

しかし、「ノープランで友達とご飯をする時は、とりあえず駅前に行けばなんでもあるので決めやすい」
そして「駅の近くに行けば生きていける」と住み良さは実感しています。
特にくら寿司には20回は行っているようです。

そんなあさみさんの、お気に入りスポットはサンマルクのガラス越しのカウンターテーブル。
駅前を見渡しながらの人観察が楽しいと話しています。

byまー

〜【はしもとニューカマー】brought to you by めぐり報〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です