「橋本郷土カルタ」であなたも “橋本の達人”に!!『ゆ』

こんにちは😄 めぐり報です❗️

「橋本郷土カルタ」であなたも
“橋本の達人”に✨

 

今回は39枚目の「ゆ」のご紹介です。

「行く先は 大山詣で 道ふたつ」(棒杭…大山道道標…市登録史跡)

1.大山詣でって? 

「大山詣で」は「大山参り」とも言い、江戸時代中期に盛んになった、庶民の物見遊山を兼ねた大山の社寺への参詣のことです。

大山は伊勢原市·秦野市·厚木市の境にある標高1,252mの山で、丹沢山塊の東端に位置する端正な姿の山です。

大山は奈良時代に開山されたと伝えられ、別名雨降山(あめふりやま·あふりやま)と言い、頂上の大山阿夫利神社(おおやまあふりじんじゃ)は雨乞いの神様を祀っています。

人々は大山詣でをするために「大山講」を各地で結び、(講の数は一説には15,700以上とも…)白衣·木の杖·雨具·白地の手甲、脚絆·着ゴザを身に付け、腰に鈴を下げて「六根清浄」と唱えながら大山を目指したとのことです。(お遍路さんのような姿ですね。) 

大山は農民からの豊作祈願だけでなく、海上からもその姿がよく見えるので、漁民からも大漁祈願の神様として厚く信仰されていました。

そして、大山詣でに使った道は「大山道」とか「大山街道」と呼ばれていました。

 

2.「道ふたつ」の意味は?

ここでの「道」は「大山道」「大山街道」のことです。

大山道は藤沢から大山に向かう「田村通り大山道」、江戸から大山に向かう「矢倉沢往還」(青山通り大山道)などたくさんありますが、相模原市内には3つの大山道が通っています。

 

その1つは「府中通り大山道」で、ルートは

pastedGraphic.png春日部→府中→中河原→図師→淵野辺→磯部の渡し→大山です。

 

橋本に縁があるのは、「八王子通り大山道」です。

この道は、棒杭という場所で田名方面と上溝方面に分かれます。

これが残りの2つで「道ふたつ」の意味です。

 

橋本地区の大山道の2つのルートは以下のとおりです。pastedGraphic_1.png

pastedGraphic.png八王子→両国橋→棒杭→塚場→下九沢→四谷→久所(ぐぞ…田名方面)の渡し→大山

pastedGraphic.png八王子→両国橋→棒杭→上溝→田尻→当麻の渡し→大山

 

この道を通る人々は、境川の両国橋付近の精進場で身を清めてから橋本宿に入りました。

そして、棒杭の所で田名方面か上溝方面かに決めて進みます。

八王子通り大山道と棒杭

 

この棒杭の場所には、安政2年(1855年)に建てられた「大山不動明王の大山道道標」(市登録史跡)がありましたが、区画整理のため今は近くの橋本1丁目の小山さん宅に移転しています。

この道標の右側面には「北八王子道」、左側面には「南あつぎ道」、裏面に「安政」、正面の下の方に「右大山みち田名○○」と彫られています。

(どこにも上溝という字がありません。)

このことから、この道標は田名の人々が宿場にお客を呼ぶために「田名が大山への近道」である…と書き入れて建立したのではないかと言われています。

大山不動明王の大山街道道標

 

市登録史跡の看板

 

上記の道標が元々あった場所(棒杭)は大山道の田名方面と上溝方面の分岐点で、歴史的に大切な場所のため、位置がわかるように現在は「棒杭」という地名標柱が建っています。

棒杭の地名標柱

 

3.今も残る大山道の名前は…?

横浜線の橋本駅から八王子方面に進む最初の踏切は、「大山街道踏切」です。

また、橋本2丁目の供養塚の横の大山道沿いに「大山道」という地名標柱が建っています。

大山街道踏切

 

大山道の地名標柱

 

いつも通っている道が「大山道」だった…という方もいるのではないでしょうか?

この次に通る時はちょっと意識して見ていただけると嬉しいです。pastedGraphic.png

 

橋本からもよく見える大山を見ながら、昔の人々の往来に思いを馳せてみるのもいいかもしれませんね。pastedGraphic_1.png

 

*今回の参考文献は…

·「橋本の歴史ガイドブック」

(橋本の歴史を知る会 編)

·「橋本の昔話」(加藤 重夫 著)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です