橋本スローライフ✨ 後編

こんにちは!めぐり報です!

12月12日で、7周年を迎えたカフェ、catnapさん。

その話は、店主の阿部良美さんから突然切り出されました。

「めぐり報さんのブログに書いていただけるのに、本当に申し訳ないのですが。。」

何だか、、嫌な予感。。

「実は私、来年の2月でここを辞めるんです。」

。。。思わず絶句してしまいました。

そして、良美さんは静かに話しはじめます。

「おかげさまでここも、沢山のお客様に来てもらえるようになりました。忙しくなって、あぁ、私の役割は終わったなと思っていた時に、お客様で来てくれた子が、カフェをやりたいと話していて。だからその子に譲り渡す事にしたんです。」

えっ?どうして?!忙しくなって順調なのに、何で辞めるんですか??

「きっと私は、0を1にするのが好きなんだと思います。だから、やってくれると言ってくれてる子に渡すんです。今、店にはたくさんのお客様が来てくださってます。ちょうどいいんです。バトンを渡すときは、スピードをつけたまま渡さないといけない。」

素敵❗️

なるほど!ストンと理解が出来ました。

でも。

良美さん、これからどうするんですか??

「実はノープランなんです。だけどカフェは増やさないといけない。また橋本をぶらぶら歩いて場所を探して、どこかでカフェを開こうと思います。」

良美さん、次はどこにカフェをオープンするのでしょうか。近い未来が、何だかワクワク、楽しみになりました♪

こんな素敵な「うたたね」カフェが、橋本にどんどん増えていくと良いな✨

catnap」橋本3-21-12 グリーンピア長嶋1F

営業時間 10:00〜17:00

定休日 火曜日 水曜日

1件の返信

  1. 柿沼 清惠 より:

    Catnapさんが2月いっぱいでなくなると、Yoshimiさんから電話を頂いてびっくり。
    もともとは 長い間通っていた接骨院の後で、入り口ドアの内側にある斜めの手すりは
    その接骨院の先生が患者さんが 出入りするときにつかまれるようにと、
    取り付けるときにたまたま私がいたので
    位置を決めるのを手伝って一緒に付けたものです。
    7年前にCatnapさんが出来た時、そのてすりがあるのが懐かしくうれしく思いました。
    治療の後も長い間先生と話し込み癒しの場所でした。
    なのでこの場所は私にとってそのころから居心地の良い場所でした。
    25日は亡夫の月命日だったので 良くその日に合わせてケーキ(まだテイクアウトできました)や
    焼き菓子を買うとYoshimiさんは 「月命日でしたね」 と覚えていてくださり 胸がいっぱいになったものです。 心暖かく優しい人のいる場所はいつも穏やかで素敵な空気が流れます。
    手芸のお教室として 場所もお貸しいただきよく通っておりました。いまはコロナ禍でなかなか
    難しくなりましたが バトンタッチしてくださった方にもお願いしてみようかな。。。。
    優しい方だといいな。
    Yoshimiさんとは 良くおしゃべりもしましたが 彼女からは無理に私の心に立ち入ることもなく
    よくお話をきいてくださるかたでした。いつだったか、私の話したことに思いがぴったりと
    「ふたり」という本をプレゼントしてくださいました。読みながら Yoshimiさんの
    温かい気持ちを思い号泣してしまったことがありました。
    いつ顔を出しても疲れた心が休まる場所なんて
    何処にでもあるわけじゃないので これからぽっかりと心に穴が開きそうです。
    Catnapロスになりそう。
    でも、Yoshimiさんはここを離れても きっといつまでも橋本の人と思います。
    お電話をいただいてから お店に入ると泣きそうで素通りしてしまいます。
    帰宅途中に外から窓越しに見ると いつも混んでいるので
    入れなかった理由になったりしてね。
    二月までにはお別れではなく 再スタートのお祝いを
    しに顔を出します。 
    我が家はお隣のマンションの裏口からたったの27歩!
    こんなに近かったのに当たり前の日常になっていて
    この日常から Yoshimiさんがいなくなるとは考えたくはないなあ。。
    いつまでも元気でいてほしいです。 きっとまたお会いできるとおもいつつ。

    新しい方のお店がオープンしたらまた取材をお願いいたします。
    優しい方だといいですね。
     長いコメントすみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です