超絶❗️本気の焼き芋

こんにちは🤗  めぐり報です❗️

本気の焼き芋…タイトルをみて『❓』と思われた方もいるのではないでしょうか❓
そう、これは焼き芋に魅せられ、最高の焼き芋に挑む橋本に住む、とある方のお話。。。

あれは、私がめぐり報の配布をしていた時のこと。
徒歩で配布をしていた私の周りを包み込んできた甘い香り。
これは、、、お芋❓
ふと見ると自作の器具を使って焼き芋を作っている方が❗️

「今、焼き芋にすごくハマってて❗️」
そう笑顔で話してくれたのは芋虫X(エックス)さん(仮名)

「一度に5本くらいしか焼けないんだけどね、朝の9:30から焼いてるんだ笑」
今は14:00。ということは約5時間も!?焼いて!?いらっしゃる!?!?

「まだまだ。これからね、蒸すともっと美味しくなんだよ」

使用したお芋は『紅はるか』
新聞紙に包まれ、20度以下の環境で1年保存されたお芋を購入。
つるに蜜がたまっていた、芋虫Xさん厳選のお芋です。

そんなお芋を、炭火を使ってじっくり焼いていました。

しかも、お鍋に敷き詰められた石は、焼き芋用の石とのこと❗️

「ちょっと食べてみる❓」
との嬉しいお言葉❤️
ぜひぜひいただきます♪

「でもねえ、ここから1時間くらい蒸した方が美味しいんだよ。包むからあと1時間後に食べてね」

なんと、食べるタイミングにいたるまでのこだわり❗️

「でもちょっと開けてみようか笑」
ということで1本開けてみました❗️
それがコチラ♪

5時間炭火と石で焼かれ、蜜があるれ出ている紅はるか❗️
見ただけで美味しいのがわかるこのディテール❗️

そして私はめぐり報の配布をしながら1時間を経過させ
いよいよ、焼き芋を食せる時が❗️

私のいただいたお芋にも蜜が溢れています❤️
そして、なんということでしょう❗️
1時間外を歩いていたというのにまだホクホクと温かい✨
早速いただいてみると。。。

口に近づけただけで香ばしさが伝わってきて、そのまま口に入れると、
これぞ自然の甘さいうべきか、天然の甘さというべきか❗️
なんとも優しい甘さ❗️
目を閉じて上を向き『ん〜〜〜❤️』と唸ってしまう美味しさ❗️

食感も、しっとりしていて蜜を充分に堪能❗️
至福の時が私を包みました♪

 

芋虫Xさんは話します
「安納芋だったらもっとスイーツっぽくなるけど、ちょっとお高めなんですよ」
「焼き芋はお手軽なお芋で作らないと。。。って思うんですよ」

「まだまだ研究して、最高の焼き芋を作りたいですね」

橋本在住の芋虫Xさん(仮名)のあくなき挑戦は始まったばかりだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です