借りている本の返却期限が迫ってきた

こんにちは!めぐり報です!

9月に入り、暦の上では秋になりました。

秋といえば、読書です。

読書といえば 図書館の本の返却期限日を忘れることってありませんか?(私だけ?)

レンタルショップのように返却期限を過ぎると1日単位で追加料金をとられる、といった金銭的な罰則はありませんが、「返却が遅れると、新たに資料を借りることや、予約の申し込みをすることができなくなる場合があります。」と図書館のホームページに書いてあるとおり、罰則はあります。

本を借りられなくなるのは困ります。

だったら返却期限までに返せばよいわけです。

しかし、忘れるんですよ、返却期限日を (涙)

読みやすい本はすぐに読んで返せばよいのですが、読み応えのある本のときには、気が付たら返却期限が来ているんです。それはまるで忍びのように背後から迫ってくる感じ

このような返却期限との闘いを、私は図書館の2つのサービスを使って乗り越えています

 

返却期限通知メールサービス

 借りている本の返却期限が近づくと、「もうすぐ借りている本の返却期限がやってきますよ~」とお知らせメールが届くサービス。

 登録すると、次のようなメールが返却期限の3日前に登録しているアドレスに届きます

では、どこでこの通知サービスを登録するのか。

それは、図書館ホームページのマイ・ライブラリーで設定することができます。

 ボタン一つで設定完了。これで返却日が近づいたらお知らせが届きます。

 

延長する

 あと少しで読めるけど、返却日までには間に合わない。

 そんな時に使っているのがマイ・ライブラリーでできる「貸出延長」です。

 自分が借りている本をマイ・ライブラリーで見ると、「貸出延長」というボタンが表示されています。

 これをクリックすると、貸出延長しますか?と聞いてきます。

 もちろん、「はい」をクリックします。

 すると「貸出期間の延長が完了しました」の画面が表示されるので、実際にどうなったか確認すると、返却期限が一週間後に延長されて、備考に「延長済みです」の表示があります。そして、貸出延長は1回しか使えないため、「貸出延長」のボタンはなくなっています。

 私は、返却通知を受け取った時点で、「読み切れない!」と思ったときは、この貸出延長を使って一週間の猶予をもらっています。しかし、この貸出延長は返却期限を過ぎると使えません。

 兎にも角にも、図書館の返却期限は守りましょうということですね。

 返却期限を気にせずに、手元に置いておきたい本は買うのが一番です(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です