歴史あり【2017.10月号】

から「お伊勢の杜」と呼ばれ親しまれている神明神社。
御祭神は伊勢の神宮と同じ天照皇大神。

つて、橋本の祭りは盛大で華やかだったそうです。
祭礼日は時代により変化していますが、
昔は7月31日に夜宮、8月1日に神明大神宮、2日に御神輿の八坂神社の日として行われていました。
明治、大正には村長や村会議員も参列していたようです。
早くから一晩中お囃子が奏でられ、露店が並び、
街には祭禮の提灯が飾られ、遠方からも人が集まる祭りの風景は昭和30年代まであったそうです。

イメージ

 

さらに、9月1日には豊年祭りも行われていましたが大正12年に関東大震災が起こってしまいます。
神社も本殿、拝殿などが破壊されてしまった為、
その後の数年は祭礼日を9月2日をにしたとあります。
しかし大正14年、村人の寄付により修理、新規造営がなされ、完成後は盛大に祝賀行事が行われました。

中央に神明神社 左に天満宮 右にお神輿

んな神明神社には、
向かって社殿左側に菅原道真公を祭神とする天満宮、
右側に天日鷲命を祭神とする大鷲神社が境内合祀されています。

大鷲神社

祭りの規模が縮小してしまった今でも、
七夕まつりの縁日や橋本ふるさと祭り、鳳神社での御酉様などで
人が集う神明神社。そこは、地元と共にある欠かせない憩いの場となっています。

byまさし

〜【こんなトコロに歴史あり】 brought to you by めぐり報〜

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です