旭小学校の、南極の石!後編

こんにちは!めぐり報です!

先週ご紹介した、山三商店の築地さんが南極から持って帰って来て、旭小学校へ寄贈された石。

その真ん中の、色の違った模様の部分は、「ガーネットサンド」というのだそうです。

そう、あの1月の誕生石の、真っ赤なガーネット❗️アレが砂状になっているものです!

築地さんが南極滞在中、休憩時間になると、南極の砂をバケツに入れ、水を入れてかき混ぜると、真ん中に重い砂が残ります。

それを何度も繰り返して精製すると、綺麗な砂だけが残ります。

「それがこの、ガーネットサンドなんだよ」

高価そうなウィスキーの瓶に入った、ガーネットサンド✨

これ、もう、ぜーったい手に入らないものです♬

「良かったら持ってくかい?」

えっ、えぇ〜っっ‼️良いんですか〜😃⁉️

ということで❤️

私、ガーネットサンド、いただいちゃいました❤️

ありがとうございますっ❗️家宝にしますっっ‼️

「石とか砂も持って帰って来たんだけど、実は、南極の氷も持って帰って来たんだ。」

えっ!氷まで持って帰って来れたのですか??

「うん、その氷をグラスに入れて、近所の人たちと、みんなでウイスキーを飲んだんだ。こうやって、グラスに耳を傾けると、プチプチって気泡が弾ける音が聞こえるんだよね。数億年前の気泡。ロマンを感じたなぁ‼️」

素敵〜っ✨南極の気泡の音、聞いてみたかったです❣️

橋本にも、こんなに素敵なエピソードをお持ちの方がいらっしゃるなんて💕

はるか遠くに想いを馳せちゃいます☺️✨

築地さん、ありがとうございました‼️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です