「橋本郷土カルタ」であなたも”橋本の達人”に!!

こんにちは!めぐり報です!

「橋本郷土カルタ」であなたも
“橋本の達人”に!!

今回は5枚目の「ほ」のご紹介です。

「北条の 落武者哀れ 供養塚」
(供養塚)

 

1.供養塚には何があるの?

橋本駅南口から相模原協同病院に向かう道沿いに、「供養塚」と呼ばれている小さい丘があります。(写真3枚目)人通りの多い場所ですが、この丘やここに建っている3基の大きい石碑と小さい1基の石柱が何なのかを知っている人は案外少ないのではないでしょうか?

大きい石碑は、左から第二次世界大戦の戦没者のための「忠魂碑」(昭和30年、1955年建立)、2番目と3番目は、日清·日露戦争に従軍した犠牲者を悼む「表忠碑」、「戦没者顕彰碑」(共に明治42年、1909年建立。表忠碑の碑文は山県有朋の筆。)そして少し手前の街灯の脇に、実は一番大事な「供養塔」(写真4枚目)という小さい石柱が建っています。(明治31年、1898年建立。一番古いものですが、石柱は新しく作り直されています。)

 

2.なぜ「供養塚」と呼ばれているの?

実はこの場所は、永禄12年(1569年)10月の「三増合戦」(みませがっせん)で敗退した北条方の落ち武者の一部が、八王子の滝山城へ引き返そうとして道を誤り、力尽きた数十人が自刃した場所と言われているのです。:ギャー::交差した刀:

長い間そのままになっていましたが、329年後に橋本の人々が、自刃した落ち武者達を哀れに思い、慰霊するために「供養塔」を建立したことから、以後この場所が「供養塚」と呼ばれるようになったとのことです。

また明治42年(1909年)に「表忠碑」と「戦没者顕彰碑」を建立するために供養塚を発掘したところ、三増合戦当時のものと思われる武具·刀剣·銅銭などが、少量ですが発見されたそうです。

◆三増合戦…武田信玄と北条氏康の軍勢が愛甲郡三増峠で戦った合戦。(写真5、6、7枚目)合戦の詳しい内容は写真6枚目を拡大してご覧ください。:ぽっ:

 

3.供養塚の東側の道はあの○○○:びっくり_赤:

供養塚の東側の道は、実は大山参りの人々が両国橋から橋本宿、大山街道踏切(写真8枚目)を経て大山へ向かう「大山道」(大山街道とも言います。)です。道路沿いに石柱(写真9枚目)が建っていますので、車や通行する方に気をつけて、ぜひ確認してみてください。踏切に「大山街道」の名前が残っているのも嬉しいですね。🥰

◆いつも何気なく通りすぎている場所にも、こんなふうに色々な歴史が秘められています。皆さんも明日から、この場所がちょっと違った景色に見えるかもしれませんね。:やっほー:

◆今回、撮影のために数年ぶりに愛川町の三増合戦の碑がある場所に行ってきました。愛川町教育委員会が設置した、三増合戦の詳しい内容の説明板(写真6枚目)や、合戦の両軍の軍勢の配置図(写真7枚目)などがあり、色々学べるようになっていますので、ご興味のある方はぜひ訪ねてみてください。

◆ただ、戦で怪我をした状態で、愛川町から橋本の供養塚の場所まで歩いて落ち延びてくるなんて、本当に大変だったろうな~と思いました。力尽きて「もはやこれまで:超びっくりマーク::大泣き:」となるのも無理もありません。(私には到底ムリ:超びっくりマーク::ギャー:)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です