境川の増水

こんにちは!めぐり報です!

急に、滝のような雨が降ったと思ったらアッという間に上がって、そうかと思えばまた降り出して‥‥。

最近、そんな日が多くなりましたよね。

昨日もそんな日でした。

昨日の境川の様子です。

水は茶色く濁り、増水しています。橋本の境川は、近年の河川改修工事のおかげで川幅も広がり、増水の仕方も、ゆっくりになりました。

この護岸工事については、めぐり報YouTubeチャンネルの【めぐリポ Vol.6橋本『境川』】でもご紹介しておりますので、チェックしてみて下さいね!

川の様子を見ながら、子どもの頃の境川を思い出しました。

昔の境川は、川幅も狭く、雨が降ると急激に水かさが増しました。

昔は多くの方々が水害に遭われていると思われます。

ひどい目にあった方もいらっしゃると思います。

私が子どもの頃住んでいた場所が、境川のすぐ脇だったので、家の2階から増水の様子をよく見学していました。大雨になると、水かさは見る見る増していきます。

あまりに大雨が長く続くと、親は血相を変えて、近所のお宅へ避難の準備をし始めるのですが、私はドキドキしながら家の2階から境川を見続けます。

「さぁ、今日は何が流れて来るかな」

発泡スチロール、空き缶、プラスチックゴミなどに混ざって、パンツ、釣り竿、イス‥‥。

そして一番衝撃的だったのが、豚が流れて来たことです‼️これには驚いた‼️

急いで親を呼びましたが、親が来る頃にはもう下流に流されてしまっていて、信じてもらえなかったのを覚えています‥‥

今の境川は、とても綺麗になり、大雨が降っても、ゴミなどはほとんど流れて来ません。

昔は雨が降ると一層臭いが増しましたが、今は綺麗になり、臭いもしなくなりました^_^

この綺麗な境川を、未来の子どもたちに残していきたいですよね❗️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です