ドラマの原作が読みたい!!

こんにちは!めぐり報です!

毎週日曜日に放送されているドラマ「半沢直樹」、話題になっていますねぇ。

私の周りでもこのドラマを見ている人が多いです。

もちろん、私も毎週かかさず見ています。

ところで、このドラマには原作があることはご存知ですか?

ドラマのHPを確認してみると「原作紹介」のページがあり、今期のドラマの原作として次の4冊が紹介されています。

『ロスジェネの逆襲』

『銀翼のイカロス』

『半沢直樹3』

『半沢直樹4』

『半沢直樹3』と『半沢直樹4』の副題には、それぞれ「ロスジェネの逆襲」と「銀翼のイカロス」が付いていますので、今期の原作は2冊と言っていいのかもしれません。

本好きな私にとって、ドラマはどうしても監督や役者によってデフォルメされるので、原作を読んでみたい。

ということで、いつも利用している相模原市の図書館のホームページでこの2冊を検索してみました。

「ロスジェネの逆襲」と入れて検索をしてみると、2冊ヒット!

1番目の本には「文春文庫」と書いてあるので、2番目の本は単行本のようです。

やはりドラマで注目されているだけあって、両方に予約が入っていました。

しかし、よく見ると 単行本の方は貸出可になっています。

所蔵状況はどうなっているのか確認するために、それぞれのタイトルをクリックしてみます。

文庫本の方は、市内に6冊所蔵がありますが全て貸出中で、3件の予約が入っているよう

です。

一方の単行本の方は、市内に17冊所蔵があり、公民館の本には「在架」の文字がポツポツ見られます。

入っている予約も1件のみです。

私はドラマ熱が冷めないこのタイミングで原作が読めればよいので、すぐに借りることができる単行本に予約を入れました。

同様に、『銀色のイカロス』も検索してみたところ、文庫派の方が多いのか、単行本はすぐに借りることができる状況でした。

文庫派、単行本派と好みはあると思います。

同じ本でも、自分の読書スタイルに合わせて本を選ぶことができると、また違った読書の楽しさが生まれるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です