図書館で知る緑区

こんにちは!めぐり報です!

新型コロナウイルスの影響でしょうか、昨年までは涼しさをシェアする「クールシェア」という取り組みがあちらこちらで聞かれましたが、今年は耳にしていない気がします。

シェアって人が集まることになるから しかたないですね

それでも、ついつい涼しいところに1秒でも長く留まりたくなります。

 

涼しいところといえば、橋本図書館も涼しい場所の一つですね。

しかし、長居はやはりよくないですから、最近では週末に予約本を取りに行くだけの日々が続いています。

予約は図書館のホームページからできるので、スマートフォンから毎回利用しています。

さらに本の準備ができたら図書館からメールが届きますのでとても便利です。

予約でよく利用している図書館のホームページですが、ふと、予約以外にどんなページがあるのか見てみたら「発見!さがみはら」という館報・ブックリストを見つけました。

 

 

なんと、その最新号は「改訂版 緑区(みどりく)の巻(まき)その 」と書いてあります!!

バックナンバーでは、No.8「橋本七夕」、No.11「橋本駅」、No.47「橋本宿」と私たちが暮らす橋本地域が取り上げられています。

特に、No.48の「橋本競馬場」は、思わずリンクをクリックしてしまいました。

橋本に競馬場があったとは

全てPDFで読むことができるので、読み終わる頃には、ちょっとした相模原物知り博士気分になれるかも。

さらに、詳しく知りたい場合は関連本が紹介されているので、それらの本を読めば知識を深めることもできます。

 

相模原市のことを知ろうとすると古くて難しい本ばかりのイメージですが、簡単にまとめられている「発見!さがみはら」はどなたでも気軽に親しむことができるかもしれません

夏休みの宿題に悩んでいる子どもにもおススメかも!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です