香福寺さんの池のお話

こんにちは!めぐり報です!

真夏の太陽が照りつける午後、香福寺さんの門を潜ると、涼しい木陰にホッとします。

現在工事中の本堂の前を通って、客殿へ向かう途中に鯉や亀のいる大きな池があります。

そこで池の鯉にエサやりをすることが出来るのを、皆さんご存知でしょうか。

およそ700年の歴史を持つ香福寺さん!境内の池は、その建立当時からあるそうです!

せっかくなので、私もエサやりをしてみることにしました♪

「パクパク」と音をたて、大きな口を開けて、沢山の鯉が来ましたよー!!

うわぁ立派な鯉がたくさん!色とりどりで楽しいなぁ♪

ちなみに池の鯉は、なんと、およそ90匹いるそうですよ!

と、私はただただ楽しんでおりましたが(笑)、お寺の御住職と奥様に聞くところによると、鯉の管理はとても大変なのだそうです。

毎日の水面掃除をはじめ、2週間に一度の濾過装置の掃除、1か月に一度の業者による掃除、また、1年に一度は、鯉や亀を別の場所に写し、約1週間かけて、池の水を全部抜いての掃除をするそうです!

池の水を抜いた所、いつか絶対見てみたいなぁ!

子ども達の夏休みも、もう終盤です。橋本散策をする際には、香福寺さんの鯉を見に、立ち寄って見てください。

あ、熱中症対策と虫刺されの予防は、しっかりとしてくださいね〜!

橋本山 香福寺  橋本5丁目39-17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です